読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

contents' notes

好きなことについてのweblog. コメントはご気軽にどうぞ!

ナナシスきっかけで『YYY Vol.0.5』にぼっちで行ってきた

YYYとは…

yyy-official.com

↑これです。

未知の領域

僕の大好きなナナシス*1にも楽曲を提供しているkz氏が参加する最新型のLIVE&PARTYということで、何やら面白そう…と思ったのがきっかけでした。そんで早速ティザームービーを見てみると…


YYY Vol.0.5 [Official Teaser Movie]

「なんだこれは…kzさんのHand in Handくらいしか知らないぞ…」

これまで自分が触れたことがなかった音楽ばかりで、一瞬参加するか迷いましたが人生何事も経験だって聞いたことがある!!…ということでチケットを購入。

これが昨年12月のお話でした。そして年明け…

ナナシス、2016年1月に新曲タイトルを発表

ナナシスこと「Tokyo 7th シスターズ」が『SEVENTH HAVEN』という新曲のタイトルを発表しました。この曲、kz氏による楽曲提供だったんですね。そして、色々調べ物をしているうちに、同じくYYYに出演する中田ヤスタカ氏がPerfumeの『SEVENTH HEAVEN』という曲を作ったらしい、ということを知って「似たタイトルの楽曲を制作したふたりがYYYに出演するのか!ますます楽しみだ…!」と気持ちが高まる僕なのでした。

そしてそして…

ナナシス、『SEVENTH HAVEN』MVを公開

2016年1月19日。ナナシスが『SEVENTH HAVEN』のMVを公開しました。


【Tokyo 7th シスターズ】セブンスシスターズ 「SEVENTH HAVEN」MUSIC VIDEO

そんなこんなで色々考えているとき*2に、ふとこう思いました。

「このタイミングで『SEVENTH HAVEN』が公開されたってことはYYYでkzさんがやってくれるのでは…?」(伏線)

そして…。

『YYY Vol.0.5』当日。

2016年1月24日、YYY当日。初めてのクラブイベント(初めてなので何て呼べば良いかさえわからない)に不安を抱きながら会場へ到着。

 ユニクロで暇をつぶしました。今度ランニング用にスウェットパーカー買おうっと。

 

さて、そんなこんなで入場!!(待機列寒かった)

Tシャツ付きのチケットだったのでTシャツを貰い、ロッカーに荷物をしまい、準備完了!位置取りをどうしようかと迷ったのですがそんなことを事細かに書いていてもしょうがない。いざ…開演です!

トップバッター、banvox氏

トップバッターはbanvox氏。すみません、全く存じ上げておらず、ろくに予習もしていなかったのですが……

最ッ高に楽しかったです。ヒップホップのアップとダウンくらいしか知らない僕でしたが、やっぱりDJはすごい。うまいことノせてもらいつつ、それまで聞いたことのなかった激しい音楽にも、僕じゃないんじゃないかと自分で思うくらいノリノリで楽しめました。(要は、周りの人とかDJのマネをして動いたのですが、リズムに合わせて上下に動いて一体感味わえて楽しいです)

kzさんだ!!知ってる人だ!!

続いてkzさん。初音ミクの楽曲やSMAPの『SHAKE』*3や『Good Time』*4など、僕が聴いたことのある曲や僕の知らない曲まで、様々な曲で一緒に歌ったり踊ったりしながら楽しませてもらいました。

そして、あれだけ冒頭からナナシスを推していたので皆さんお分かりかと思いますが…そうなんです。

『SEVENTH HAVEN』来ました(伏線回収)

イントロを耳にした瞬間大興奮の僕でした。そのまま出だしのサビでAhの掛け合いを全力でやりました。もちろん、発表されたばかりの曲だった&フロアにはナナシスを知らない人の方が多かったので「会場全体が一斉に掛け合いを」とまでは行きませんでしたが、EDMに馴染みのある方々だったおかげか、それなりにノってくれているみたいで嬉しかったです。「あわよくばやってくれたらいいな」と思っていた楽曲だっただけに、最高に幸せなひと時でした。ぜひナナシスのライブでもやって欲しいです。というかやらないはずがない。

それと、近頃kzさんの曲をApple Musicで漁って聴きまくっていたのでClariSの『CLICK』(ニセコイのOPです)が来たときはとても高まりました。サビの「きっとみんな大切なこと〜(以下略」の歌詞が好きなのですが、一緒にクラップしたりジャンプしたり、このライブの「キミとの思い出は 僅かだけでも託させてよ」って感じで…最高に楽しかったです。

ラストはやのあんなさんをゲストに迎え、「livetune+」*5としてのパフォーマンスも。BメロでkzさんがPPPH*6をジェスチャーしてくれたので、「あ、やっていいの!?」と思いながら全力で楽しみました。クラブというアウェイでのPPPHは何だか懐かしささえ感じました。実家のような安心感とはこのことか。

音楽に合わせて、体を動かすのってこんなにも楽しいのかと、改めて実感した素敵なステージでした。

t o f u b e a t s 氏

お次は、tofubeats氏。こちらも誠に申し訳ないことに、存じ上げておらず予習もしていなかったのですが、ジャンルを問わず歌って踊って場を共有できる楽しいステージでした。

同じ歌詞が繰り返される楽曲があったのですが、そのときに「知ったふりして歌える曲なのでよかったら一緒に歌ってください(意訳)」とフロアに投げかけていたのが印象的でした。普段、作品のファンが集まるタイプのライブに行くことが多い僕にとって、知らない人も一緒になって楽しめる音楽というのは幾分か新鮮でした。

最後は、中田 ヤスタカ氏

最後は、中田ヤスタカ氏。Perfumeきゃりーぱみゅぱみゅを手掛ける音楽プロデューサーであることは知っていたのですが、肝心の音楽を聞いたことがなく、やはりこちらもほとんど知らない状態でした…だがしかし!

やはりと言ってはなんですが、楽しかったです。印象に残っているのは、『なんでやねんねん』(浜田ばみゅばみゅ)、『にんじゃりばんばん』(きゃりーぱみゅぱみゅ)*7、『SHAKE』(SMAP)と『Chocolate disco』(Perfume)のマッシュアップ*8ですね。

ヤスタカ氏のラストはPerfumeの『レーザービーム』*9だったのですが、「にーじーいーろのラブビーム」が

「にーじーいーろのウルトラソウッ!

になってて大爆笑でした。リミックスってこういう楽しいことが出来るんですね…w

そしてまさかのアンコールがあり、『PON PON PON』(きゃりーぱみゅぱみゅ)でおしまいでした。

次回、『YYY Vol.1』はThis SUMMER

ナナシスがきっかけでkzさんつながりで知ったイベントでしたが、自身にとって初めてのクラブイベントにもかかわらず、ぼっち参加したわけですが、結論を申し上げますと、

YYY楽しかったです。

日頃から聴いているおかげか一番盛り上がれたのはやはりkzさんだったのですが、他のアーティストの方の音楽も初めてなりに楽しむことができたかなと思っています。次回『Vol.1』の開催が夏ということなので、タイミングが合えばぜひもう一度足を運んでみたいです。

*1:このブログ、ほとんどナナシスのことしか書いていません

*2:初めてMVを観たときの感想はこちらの記事をご覧ください。

*3:SMAPの曲をここで選ぶということはつまり"そういうこと"なんだと思いますが、『SHAKE』楽しい曲だなと改めて思いました。

*4:↓これです

www.youtube.com

*5:livetune+ OFFICIAL WEB SITE http://livetuneplus.com/

*6:パン、パパン、はい!ってやつ。アニソンとかでよくやります。

*7:曲中の歌詞「ばんばん」に合わせて手拍子するのが印象的でした。

*8:kzさんに続き、ここでもSMAPが選ばれていて、会場も温かく盛り上がっていたので、SMAP愛されてます…ほんと。

*9:参考:[MV] Perfume「レーザービーム」 - YouTube