contents' notes

好きなことについてのweblog. コメントはご気軽にどうぞ!

終わらない僕らの歌 -「Tokyo 7th シスターズ」EPISODEシリーズ完結に寄せて-

はじめに

2021年3月31日。今日は、Project-7th総監督の茂木伸太郎*1さんがプロジェクトを卒業する日です。そして、ナナシスのサントラCD『t7s ORIGINAL SOUNDTRACK 4.0 -The Things She Always Loves-』(以下、「OST4.0」)のリリース日でもあります。
2014年2月19日にリリースされたアプリゲーム「Tokyo 7th シスターズ*2のメインストーリーであるEPISODEシリーズが2020年12月29日に完結を迎えました。その劇伴音楽を収録したOST4.0には、総監督の茂木伸太郎さんと作曲家の岡ナオキ*3さんの対談が掲載された別冊ブックレットが封入されています。近年は早めに予約するとリリースの前日にはCDが届くので、私もその恩恵に与り、昨日3月30日に対談を読みました。
対談の内容としては、ふたりのおじさんが他愛のない話をしたり、作品を作った仲間として想い出を振り返ったり、人類社会の未来の話をしたり、様々なのだけれど、特に印象に残ったのは、茂木さんが「二度とこういう作り方はしたくない」「魂を込めるだけじゃなくて、一緒に遊ぶ、笑い合うってことをちゃんとやらないと駄目だなっていうのが、今の実感なんです」と素直な心境を吐露していたことでした。
これは思い上がりかもしれないけれど、"こういう作り方"(作品に魂を込める作り方)をするように仕向けた*4ファンの一人としては申し訳なさを感じながら読んだ箇所でした。

だけど、ファンの僕に出来ることは申し訳なく思うよりも、「やりきった」と思えるまで*5魂を込めてくれた作品と、そのスタッフに対して、最大級の感謝を送ることだろうと考えました。

僕にとってのナナシス

僕にとってナナシスとは何だったか。ナナシスとは生き方の証明でした。「僕らは青空になる」という証明でした。
どんなに馬鹿にされても、落ち込んでも、立ち上がって前へ進み続けることが未来を創る。
一人ではできなくても、一人一人の一歩が共鳴あるいは連鎖することで世界は変えられるかもしれない。
世界や社会は敵でも味方でもなく、友を見つけて変えていく、創造していくものである。
そのための第一歩の尊さ。己と向き合い、自分が信じる方向へ一歩踏み出すことの大切さを示してくれた作品でした。伝えてくれた、や、教えてくれた、ではなく、それを証明してくれたのがナナシスでした。
ナナシスは、作品の内容だけでなく、態度や歩みでそれを証明してきました。
「魂を込める作り方」(=自分に嘘をつかない作り方)を実践することによって、作品内部で語られる「自分に嘘をつかない生き方」を制作態度によっても証明し、テーマに掲げる通り「誰かの背中を押して」きました。

f:id:ichidai10:20210331062247p:plain

Tokyo 7th シスターズ初アニメーションMV短篇作品 「t7s Longing for summer Again And Again~ハルカゼ~」ビジュアル*6
さらに、そのいばらの道に挑戦し続ける中で、徐々にパートナーに恵まれ、作品性を最大限に尊重したライブイベントの実施、2015年のメジャーデビュー、ノベライズ等のメディアミックス展開、2017年の短篇アニメーションMV制作、そして2021年には長編アニメ化も果たし、「ひとりじゃない」ことも証明しました。
ナナシスの歩んできた、不器用ともいえる道のりそのものが、信じた空に向かって自分の足で歩み続ける意味の証明でした。

「共に存る」

EPISODEシリーズ完結編の最終話を観終わったとき、不思議なことに、寂しさは湧いてきませんでした。とても暖かい気持ちだったことを今でも覚えています。
7年間も追い続けてきた作品のメインストーリーが完結する、なんて経験はこれまでなかったので、いわゆる「ロス」がとんでもない負の感情として押し寄せてくるんじゃないかと思ったりもしたのですが、そんなことは杞憂でした。
7年間を共に過ごしたからこそ、ナナシスから受け取った「魂」とでもいうべきそれが、僕の中に根付いていた。だから、ナナシスのメインストーリーが完結しても、ナナシスがなくなるわけではないと自然に考えることができました。
EP.6.0の主題歌「Across the Rainbow」の一節を借りるなら、これからもナナシスと「共に存る」と、言葉遊びでもなんでもなく、実感としてそう思えました。
幻じゃないよ本当さ
君と共に存るよ
約束じゃなく
祈りでもない
君が歩む道
夏が馨る
「Across the Rainbow」777☆SISTERS
ナナシスは幻じゃなくて、紛れもなく自分の中に根付いている。確かに「共に存る」という実感が僕の中にあります。
春日部ハル「ずっと、一人じゃなかったんです。」

f:id:ichidai10:20210331063457p:plain

Tokyo 7th シスターズ EPISODE6.0 最終話「虹の向こうへ」より

EP.6.0最終話でライブに向かう前のハルは支配人に向かってそう言っていましたが、今ならハルのこの気持ちが分かるような気がします。

ナナシスに出会ったときからずっと、一人じゃなかった。777☆SISTERSのデビューシングルの時でさえ、ナナシスは最初からずっとそう歌ってくれていたんです。
ひとりじゃない(キミもボクも)
その一歩踏み出して
「H-A-J-I-M-A-R-I-U-T-A-!!*7777☆SISTERS

そして、メジャーデビューシングルでも。ひとりぼっちだけど、ひとりぼっちだからこそ、僕らは確かに想いと手を繋ぎ、傷ついても何度だって立ち上がって青空になる、と宣言していました。

ひとりぼっち僕らの

みんなの物語

何度だって僕らは

傷ついてまた強くなる

 

笑い合った一瞬を忘れないで

祈るから 願うから 青空に

 (中略)

雲が晴れて 僕ら青空になる

「僕らは青空になる」777☆SISTERS

f:id:ichidai10:20210331064426p:plain

Tokyo 7th シスターズ EPISODE6.0 最終話「虹の向こうへ」より 雲が晴れて青空になるシーン。

f:id:ichidai10:20210331064526p:plain

Tokyo 7th シスターズ EPISODE6.0 最終話「虹の向こうへ」より ハルの瞳に映る青空

私たちはひとりではないし、一歩を踏み出すことには意味がある。僕がそう強く信じられるのはナナシスに出会ったおかげです。

終わらない僕らの歌になる

茂木伸太郎さんが中心となって届け続けてくれたEPISODEシリーズは完結しました。一つのお別れなのだと思います。だけど、さよならじゃない。
なぜなら、ナナシスの魂は確かに僕と「共に存る」し、僕がこれからも希望を捨てず自分自身の歩みを止めなければ、その魂は終わらない。そうやってナナシスは「終わらない僕らの歌になる」のです。
青空に舞う君の希望(ゆめ)が
終わらない僕らの歌になる
いま輝く翼開いて
どんな夜も乗り越えていく
「Across the Rainbow」777☆SISTERS

f:id:ichidai10:20210331073608p:plain

Tokyo 7th シスターズ EPISODE6.0 最終話「虹の向こうへ」より "with you"

あとがき

この記事はナナシス7周年を祝して、そしてプロジェクトを卒業する茂木さんへの感謝を込めて始まった「時季外れ」のナナシスアドベントカレンダー2021*8の最終日の記事です自分にとってのナナシスとは何だったかを端的に表現するべく作品展開とメインストーリーに主眼を置いたため、作品の詳細な歩みや777☆SISTERS以外の人物については今回割愛しました。他の担当者の皆さんが触れてくださっている部分もありますので、ぜひ他の投稿も読んでいただけるとうれしいです。

ナナシスが7周年を迎える7日前の2021年2月12日に発表された総監督のプロジェクト卒業には少なからず驚きましたが、同時に納得感も大きかったです。「Across the Rainbow」のフルバージョンを聴いたときに予感した別れが、具体的な形になったと感じました。茂木さん、8年間本当にお疲れ様でした。ありがとうございました。

これからもナナシスは続いていくということで、8年目のナナシスにも大いに期待したいと思います。

これまでナナシスに関わったすべての方に最大級の感謝を。そして、今回急な募集にも関わらず企画に参加してくれた7名の有志の皆さん、本当にありがとうございました。

*1:1982年3月19日生まれ。東京都出身。株式会社Donuts所属のクリエイター。「Tokyo 7th シスターズ」企画・原作・総監督・総合音楽プロデューサーとして作品の細部まで担当する。同役職にてゲームやライブにおいて、脚本家、演出家、作詞家、作曲家としての活動も兼ねる。(ここまでのプロフィールはOST4.0ブックレットより)

2021年3月31日付で株式会社Donutsを退社。Project-7thからも卒業。

http://t7s.jp/news/2021/02/1748/

*2:

t7s.jp

*3:1978年8月28日生まれ。福岡県出身。株式会社Numéro.8代表取締役。作編曲家として多岐にわたるサウンドクリエイトに参加。

音楽プロデュース会社設立と同時に「Tokyo 7th シスターズ」の音楽制作、ライブにおけるバンドプロデューサーを担当。(プロフィールはOST4.0ブックレットより)

*4:ライブイベントの度に制作姿勢への共感や応援の気持ちを込めた手紙を書いたりしました

*5:「Tokyo 7th シスターズ」を応援してくださっている皆さまへ

*6:https://twitter.com/t7s_staff/status/832892442382725121?s=20

*7:12文字をハイフンで繋いで、メンバー12人で手を繋いでいることを表現しているのが好きです

*8:

祝7周年! ナナシスアドベントカレンダー2021(時季外れな) - Togetter

『Tokyo 7th シスターズ -僕らは青空になる-』があなたに届いてほしい(※ネタバレなし)

あなたにアニメ『Tokyo 7th シスターズ -僕らは青空になる-』を観てほしい。

f:id:ichidai10:20210307012704j:plain

Tokyo 7th シスターズ -僕らは青空になる-』キービジュアル第2弾

Tokyo 7th シスターズ』(通称「ナナシス」)は、2014年に開始したアプリゲームを端緒とする、アイドルを題材にした作品です。
物語の舞台は2034年の近未来。エンタメ経済特区の第七新東京区*1Tokyo 7th(トーキョーセブンス)。アイドル文化が一度衰退してしまった時代に、もう一度アイドルを始める人間たちの物語です。

今回、そんなナナシスがアニメ化して、全国の映画館で期間限定上映中なので、ぜひあなたに観ていただきたい。
なんだ、「たかがアイドルものか」「たかが美少女コンテンツか」「たかがエンタメか」と思われるかもしれませんが、ナナシスはその「たかが」という固定観念や諦めに抗う意欲的な作品でした。
アプリゲームのメインストーリーでは、主人公たちに「アイドル」を真っ向から否定するライバルや敵を登場させて「アイドルとは何か」「エンタメとは何か」を常に問い続けて、ファンに勇気を与えてきました(そのメインストーリーもこの前完結し、大団円を迎えました)。音楽においては、2周年の節目で全く方向性の違う攻撃的な楽曲「SEVENTH HAVEN」*2を発表し、それまでの作品イメージを敢えて壊して世界観を再提示しました。
……などなど、ここで説明するとそれだけで長くなるのですが、ある種の美学をもって歩んできた作品がナナシスでした。

そんなナナシスが2021年2月19日に7周年を迎えました。ナナシスのナナ周年、そんな記念すべきタイミング*3で公開された完全新作アニメが『Tokyo 7th シスターズ -僕らは青空になる-』です。ファン待望のアニメ化でした。

さて、今の私は、このブログを読んだ人にこのアニメを観に行ってほしいと思ってほしい、とかおこがましいことを考えているですが、いかんせんブログを書くのが久々なもので言葉が出てこず困っています。文章ってどうやって書くんだ??*4文章の書き方が分からなくなってしまったので「届けたい人」と「届けたいこと」を整理して端的に書きます。

ナナシスが好きだった人、ナナシスが好きな人、ぜひこの77分のアニメを観に行ってください。
開幕からラストシーンまで「ナナシス」がアニメになってます。きっとあなたの大好きだった「ナナシス」に会えるはず。ぜひ映画館へ。

アイドルが好きな人。アイドルに勇気をもらった経験のある人。
アイドルが「誰かの背中を押す」存在であるということを真摯に描いた作品です。もしよかったらあなたの77分をナナシスに使ってみませんか。

夢がある人。理想がある人。現実に押しつぶされそうになりながら、それでも夢を目指して踏ん張っている人。
ナナシス」は、厳しい現実でもがきながら理想を胸にここまで歩いてきて、不器用ながらも夢を叶えてきた作品です。アニメ化も夢の一つでした。
不器用な歩みでも、いつかは到達できるんだ、と思いながらこの作品を見てもらえると嬉しいです。

日々「何のために生きているんだろう」と悩んでいる人。
何かを始めること、一歩を踏み出すことを諦めたくないけれど、なかなか踏み出せずにいるなら、この作品があなたに勇気をくれるはずです。あなたは独りじゃないです。

ちょっとでも興味が湧いた方がいたら、近くの劇場まで足を運んでいただけると嬉しいです。上映館情報のリンク貼っときます。ではでは。

Tokyo 7th シスターズ -僕らは青空になる- 劇場情報

*1:ピンと来た方もいるかもしれませんが、そうです。『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する「第三新東京市」のオマージュです。物語の切り口や世界観設定など、エヴァの影響を受けている作品です。ちなみに、エヴァの放送年が1995年で近未来が2015年だったのに対して、ナナシスの開始年が2014年だったのに対して近未来が2034年と同じく20年後に設定されているのはおそらく偶然ではないと思っています。

*2:

この衝撃を少しでも追体験してみたい方は、次のどれかの楽曲をいくつか聞いてから「ナナシスの音楽性ってこんな感じね~おーけーおーけー」と思った上で「SEVENTH HAVEN」を聞いてみてください。(一応発表順に並べているのでアルバムを順番に聞いていくのもありだと思います)

*3:もともとは2020年夏公開だったのですが、COVID-19のパンデミックの影響で公開が延期になった経緯があります。

*4:とか考えていて気づいてしまった(見て見ぬふりをして数年が経った、ともいう)。かつては書きたいことを書いていた自分が、今や仕事に追われて定型のビジネスメールと精神の残りっかすのようなツイートを投稿するだけで日々をやり過ごしてきてしまっていた。なんともったいない。生き方を改めたい。

とまあ、知らん他人の生き方を聞かされても仕方ないと思うのでいい加減本題に入ります。

ありがとう(ナナシスEPISODE 6.0 FINALの感想)

ナナシスのEPISODEシリーズ完結編、EPISODE 6.0 FINAL「Someday, I'll walk on the Rainbow...」の最終第7話が公開されました。
なんかしっかりした記事を書こうと意地を張ったら一生ブログ書き終わらんなと思ったので、気楽に、手短に書きます。
まず率直に。この作品に出会い、応援して来られたことは僕の人生の誇りだなと、心から思う。
正直、7年間も応援してきた物語が完結すると喪失感がすごいことになるんじゃないかと思っていたんですが、ラストの"Fin"の文字を見た後、不思議なくらいまったく喪失感がありませんでした。どうやら、7年間も一緒に歩いてきたのでもはやナナシスは自分の一部になっていたみたいです。要するに心の中にずっとある、ってやつですな。
そして唐突にごくごく個人的な話をするんですが、正直なところEPISODE 6.0の公開が始まった11月初旬の前後は割と心が折れそうになっていた時期でした。ナナシスに憧れて「好き」に関わる仕事に飛び込んでみたはいいものの思うように行かなくて、自分がやりたかったことってこんなことだったっけ、と現実に絶望していました。
朝起きて仕事に向かう前に「自分は何のために今日起き上がって仕事するんだろう」と空虚さを嘆いたり、夜中に孤独感に襲われて全然眠れなかったり(今思うとあれがいわゆる「明けない夜」ってやつか…)、自分の意思とは無関係に積みあがっていく仕事の山を前にして「この道の先に何があるんだろう」と悩んだり。あれだけナナシスに背中を押されて前向きなポエムを投稿してきたナナシス信者一Dくんも現実だとこんなもんか…と自分の人生に希望が持てなくなってました。
自分にとってはそんな時期にエピソードが公開されたのでした。
そして、EP.6.0を読み終えた方ならわかると思うんですが、そんな僕にとってEP.6.0は本当に本当にドンピシャだったんすよ。
「や、春日部ハルに憧れてアイドルになったけど『仕事』としてのアイドルに絶望してしまう四ツ倉ナツミ…今の俺やんけ!」と思ったり、「ムスビのいうことめっちゃわかる~」となったり、それでも諦めたくない気持ちを春日部ハルに見つけてもらったりして。
人生に対する諦めとかそういうの脇に置いてもう一回やってみるか、と前向きな感情が湧いてました。たぶんこの先もつらいこと悲しいこといっぱいあると思うんですけど、なんかもう大丈夫だなと。なぜなら一生分の勇気をもらったので。(そう言い切ることによって自らの背中を押していく)
厳しい現実を前にしても世界と自分を諦めない大人でありたい。
そして、いつか終わりが来るこの人生を通して、人の心を未来に繋いでいきたい。
7年間本当に本当にありがとうございました。そして、いつまでも君と共に。
P.S.

例のシーンで"with you" という文字列を見た瞬間、泣きました。あの2016年の夏の日から、3点リーダ―に続く言葉といえばwith youだったはずなのに、なぜか全然予想してなくて……完全に不意打ちをくらいました。

「君はひとりじゃない」って言われた気がしました。ありがとうございました。