読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

contents' notes

好きなことについてのweblog. コメントはご気軽にどうぞ!

2周年目前!! ナナシス制作陣の心意気を振り返る【前編】

はじめに

2016年2月19日にアプリ(iOS版)リリース2周年を迎えるナナシスこと『Tokyo 7th シスターズ』。今回はその制作陣やキャスト、クリエイターに関するインタビューや特集記事をまとめて、ナナシスを作っている人たちがどのような思いで作品に携わっているのか、2周年を機に一度振り返ってみたいと思います。

2014年下半期、総監督茂木伸太郎登場

初っ端から大本命、ナナシスはこの人抜きには語れないのではないでしょうか。「Project-7th」の原作・企画、そして現在も制作のほぼすべての面で指揮を執り、”総監督”としてナナシスに携わっている茂木伸太郎(もてぎ・しんたろう)氏。彼が表に出てきたのは2014年の下半期に入ってからでした。

夏コミの茂木さん

 ↑写真の最前列の七咲ニコルのコスプレイヤーさんの隣が茂木さんです。僕はあいにくこの夏コミでは茂木さんにはお会いすることが出来なかったので、この男性が総監督だなんて知りませんでした。当時はクレジットに名前があるだけで、公式で表だって名乗ったりはなかったように記憶しています。(記憶違いであれば訂正いただけるとありがたいです。)

TOKYO GAME SHOWに参戦

しました。こちらがその時の告知ツイート。

リニューアル後のマイページ画面やライブステージの紹介がありました。ニコ生でMCの方がライブステージを試遊した時に、当時まだCVが公開されていなかったマノンのボイスが聞けてしまうなど嬉しいハプニングがあったのを覚えています。

さらに、ここで初めてライバルユニット『4U』の存在が明らかになり、ちょうど番組のMCを担当していた山下まみさんが九条ウメ役を担当することも発表されました。また、10月のマチ★アソビにもナナシスが参加することが発表されました。

茂木さんが何を話したのかは、すみません…覚えていないです…。この時の発表内容の詳細はコチラ↓をどうぞ。

『ナナシス』でライバルキャラクターとなる3人のビジュアルが本邦初公開! 彼女たちのユニット名は“4U(フォーユー)”!!【TGS2014】 - 電撃App

マチ★アソビ

TGSでマチ★アソビへの参加が告知されていましたが、続報として、公式同人誌『ハジマリノヒノスコシマエ Ver 8.12』が販売されることと、リニューアル記念トークショーが行われることが発表されました。*1マチ★アソビトークショーの詳細は以下の記事をご覧ください。

dengekionline.com

公式同人誌『ハジマリノヒノスコシマエ Ver 8.12』

公式同人誌発表に伴うツイートメッセージ

公式同人誌の発表に際する茂木総監督のメッセージがこちら。*2

「ナナシスを次世代アイドルコンテンツとして本気で制作してきた心意気」が本当に詰まっているので、ナナシスを愛する人すべてに読んでほしいです…。現在販売されていないのが本当に残念です。いつか再販されることを切に願いますが、プロデューサーの中川さん曰く「"ビジネスとしての発表"にしたくなかった」*3とのことでした。2015年5月の1stライブでは販売がありましたが、今後どうなるのか気になるところです。*4

公式同人誌についての総監督インタビュー

app.famitsu.com

同人誌のタイトルの由来をはじめ、「Project-7th」がIPを目指している作品であることや、ナナシスにおけるメディアミックスの考え方など、このインタビューだけでもナナシスという作品のスタンスが垣間見えるかと思います。また、ゲーム内ではあまり言及されないセブンスシスターズの過去についても触れられているので必見です。

10月大型リニューアル

リニューアルに際しての開発陣へのインタビュー

夏コミで発表され、9月のTGSでも続報があった大型リニューアルが10月に実施されました。その際のプロデューサーの中川尚人さんや総監督の茂木さんへのインタビュー記事をご紹介します。

iOS「Tokyo 7th シスターズ」のリズムゲームが10月中旬に大幅リニューアル!触ってみての感想と開発陣へのインタビューをお届け|Gamer:リニューアルに至った経緯や、ライブステージの演出意図、以後の展開などについて触れられています。
【インタビュー】無課金で早1年…コンテンツの力が証明された『Tokyo 7thシスターズ』が、ついに大型アップデートを経て本格始動。開発会社・Donutsのキーマンたちに今後の展望を直撃 | Social Game Info:開発当初の話に始まり、制作に関するお話を見ることが出来ます。

「Project-7th」という企画について

総合エンターテインメントとしてIPを目指すプロジェクトとして立ち上がった「Project-7th」の第1弾である『Tokyo 7th シスターズ』をスマートフォンアプリという形態で発表した理由や、"公式同人誌"への言及など、プロジェクトのあり方についての貴重な話が伺える、中川プロデューサーと茂木総監督へのインタビュー記事です。

dengekionline.com

777☆SISTERSデビュー

ナナシス最大の目的である「次世代アイドル」をコンセプトとしたユニット『777☆SISTERS』が12月にデビューしました。777☆SISTERSの位置づけについては1年後のインタビューで茂木総監督が語っています*5

冬コミ出展

冬コミではCD「t7s Longing for summer」が発売。また、公式同人誌「ハジマリノヒノスコシマエ Ver 8.12」がマチ★アソビに引き続き販売されました。

「t7s Longing for summer」に関する総監督コメント

CDの発表に際して、総監督からコメントがありました。

ナナシス1周年

1周年記念イラストコンテスト

ナナシス1周年を記念してイラストコンテストが開催されました。こちらがその結果です。2周年記念のイラストコンテストも開催されるようなので皆さん応募してみてはいかがでしょうか!

dengekionline.com

↓こちらはキャストの3人と茂木総監督によるイラストコンテストの振り返り座談会です。エピソードやキャラクターの制作秘話もちらほら…。

dengekionline.com

1周年記念総監督コメント

1周年という節目での総監督コメントがこちら。

中川プロデューサーからのメッセージがこちら。

お二方のメッセージにファンとしても気持ちが引き締まる思いでした。余談ですが、電撃オンラインさんのナナシス1周年記念ケーキも素敵なプレゼントでした。2周年のお祝いも間近ですね。

さて、ここまでで1周年の時点まで振り返ってきましたが、切りもよいのでこの辺で一度締めたいと思います。続く2015年は、記念すべき1stライブやメディアミックス展開の始動など、「Project-7th」にとってのバージョンアップを迎える年となります。注目度も増し、特集も多くなるのできちんとまとめられるか不安ですが、振り返りのきっかけになれば幸いです。

*1:当時の発表詳細はこちらの記事をご覧ください:『ナナシス』の公式同人誌がマチアソビで販売決定! キャラデザ・MKSさんの描き下ろしイラストやライバルユニット“4U”の楽曲も公開 - 電撃App

*2:茂木さんの追加コメント

*3:『Tokyo 7th シスターズ』のアニメ化もあり得る? 開発者が描くゲーム以外の展開とは - 電撃App:こちらの記事での発言です。

*4:2016/04/28追記:2016年5月1日に東京ビックサイトで行われるCharacter1にてナナシスがこの公式同人誌を再販することが発表されました。

*5:「Tokyo 7th シスターズ」春日部ハル役・篠田みなみ&天堂寺ムスビ役・高田憂希&茂木伸太郎総監督スペシャル鼎談!|リスアニ!WEB:1ページ目下部